感情移入しにくい、難しいキャラクターの主人公を鮮やかに描き出した力作「泣きたい私は猫をかぶる」

投稿日: 2020年10月12日

 『泣きたい私は猫をかぶる』(以下、『泣き猫』)が、小規模ながらも劇場公開される運びになった。めでたい。

 もともと春先に劇場上映予定だったのが、コロナ禍の影響でNetflixでの独占配信へと切り替わった作品だ。国内はもとより、海外でも再生ランキング上位に食い込んだようで、良判断だったと思う。とはいえ、やはり制作中に想定されていた形で観られる機会があるのは、作り手にとっても観客にとっても喜ばしいことだろう。

 というわけで、配信開始からは少し時間が経ってしまっているが、今月は『泣き猫』について少々ホウ言したい。

複雑な家庭に育つ主人公の少女の持つ秘密とは…

 『泣き猫』は、2018年に劇場公開された長編アニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』が高い評価を受けた、新進気鋭のアニメスタジオ、スタジオコロリドの長編アニメーション第2作。監督はベテラン・佐藤順一と、これが初監督作の柴山智隆が共同で務めている。脚本は岡田麿里。

 物語の主役は、底抜けに明るく奇抜な言動で、クラスメイトから「ムゲ」(「無限大謎人間」の略)と呼ばれている、中学2年生の少女・笹木美代。美代は、クラスメイトのクールな少年・日之出賢人に連日熱烈なアプローチを続けているが、出会い頭にヒップアタック、発言に対して「エロい」を連呼など、まともな方法ではないため、あまり相手にされていない。

 家庭の事情は複雑だ。母親は身勝手な理由で家を出て行ったくせに、美代のことは愛しているといい、しばしば連絡をよこす。父親は年若い女性とあっさりと再婚し、美代のいる家で同居を始める。義母は優しいものの、どうしても腫れ物に触るような態度。美代は、身近な大人の誰に対しても軽く不信感があるがを抱いているが、それを内に秘めて、表面的には穏やかに過ごしている。

 そんな彼女には秘密がある。夏祭りの夜、人語を話す怪しい猫から受け取ったお面の力で、猫の姿に変身できることだ。猫の姿になった美代は、通い猫として日之出の家に出入りし、「太郎」という名前で可愛がられている。太郎というのは、日之出がかつて喪った愛犬の名前。太郎の前でだけは、日之出は内に秘めた気持ちを素直にさらけだすことができる。太郎として、日之出の心に触れれば触れるほど、ますます思いが募る美代。人間の姿でも、少しずつ、不器用に距離を詰めていくのだが、とある出来事をきっかけに、美代の心はは深く傷ついてしまう。そして、人間の姿を捨て、完全に猫として生きることを選択するのだが……。

感情表現が不器用な、思春期独特の屈折した人物像

 こうして長々と説明したのは、今作の最大の魅力であり、逆に、鑑賞時のハードルとなりかねないのが、美代の人物像だからだ。

 アニメーション、とりわけ長編作品においては、主人公に感情移入できるかどうかが、昨今の観客の評価を大きく左右しがちな印象がある。感情移入……いいかえれば、「愛される子」であるかどうかがポイントなわけだが、美代は「愛されかた」を知らない子として描かれている。愛されたいのに、その気持ちをどう表現したらいいのか、よくわかっていない。そして、同時に「愛しかた」もよく知らない。作中の人物にだけではなく、観客だけが目撃できる、ひとりきりのシーンやモノローグですら、感情表現が不器用だ。悲しいとか、うれしいとか、寂しいとか、わかりやすい表現の形をとらないのに、出力自体は激しい。

 しかし、振り返れば思春期のころとは、そんなものだったような気がする。アニメで描かれがちな、明るく、素直で、愛しやすい少年少女に私たちの感覚が慣れてしまっただけで、中学生なんて実際のところは、もっと、もっとめんどくさいものだったのではないか。

 そうした難しい主人公を描くことに、果敢にチャレンジした。それだけで、今作には作品として大きな価値がある。私はくわえて、映画を観終えたときには、しっかりと感情移入できるだけの説得力のある展開と、繊細で力のある映像表現があると感じたが……そこはぜひ、実際にその目で確認してみてほしい。

商業作品の中にも、一本違う軸を通す東映アニメーション出身の監督作

 以下はいささか余談めく。佐藤順一は近日公開予定の劇場長編作品『魔女見習いをさがして』でも、等身大の20代の女性3人組という、アニメでは珍しいタイプの主人公を中心に据えたドラマを展開している。また、感情移入しづらい主人公といえば、近年の話題作で真っ先に連想してしまうのが、4歳児の内面の嵐を描いた細田守の『未来のミライ』。その細田は、是枝裕和との講義で、東映アニメーション出身の監督には、どこか「公共」の意識がある……というようなことを述べている(『映画の言葉を聞く 早稲田大学「マスターズ・オブ・シネマ」講義録』、フィルムアート社)。それは営利主義、商業主義を意識しつつも、それとは違う軸を監督作に盛り込む発想のようで、そうした視点を持ってみると、『未来のミライ』『泣き猫』『魔女見習い』が一本の糸で繋がるような気もしてくる。そしてこれは、『この世界の片隅に』の片渕須直を始め、近年さまざまなクリエイター人が口にしている、日本のアニメ企画の「多様性」の問題にも繋がるように思えるのだが……話が大きくなるので、このあたり、またの機会に。

 では、今月はこんなところで。

◆「泣きたい私は猫をかぶる」公式サイト

https://nakineko-movie.com/

◆前田久(まえだ・ひさし)1982年生まれ。ライター。通称「前Q」。主な寄稿先に「月刊ニュータイプ」「電撃萌王」(KADOKAWA)など。NHK-FM「三森すずことアニソンパラダイス」レギュラー出演中。