劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song 興行収入10億円を突破!

投稿日: 2020年08月26日

大ヒット記念特番配信詳細決定!

©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

 2020年8月15日(土)より全国156館にて公開中の劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song。この度、8月25日(火)時点で動員626,247人、興収1,016,893,900円を記録し、動員は62万人を超え興行収入は10億円を突破する大ヒットとなった。

 興収10億円突破のタイミングについては、第一章時より7日早く、第二章時よりもさらに1日早い記録で、引き続き前作を超える勢いで推移している。

 この大ヒットを記念して、ABEMAアニメchにて8月28日(金)に実施予定の特番に関して詳細も決定。8月28日(金)21時30分より配信を開始する。番組には衛宮士郎役・杉山紀彰、間桐桜役・下屋則子、セイバーオルタ役・川澄綾子、遠坂凛役・植田佳奈、イリヤスフィール・フォン・アインツベルン役・門脇舞以、言峰綺礼役・中田譲治、ライダー役・浅川悠の7名が出演する予定。
(配信ページ)
   https://abema.tv/channels/abema-anime/slots/AXXwya6WVteDEf

©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

★作品情報
作品タイトル:劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song
公開日:8月15日(土)公開
公開館:156館

キャッチコピー     この運命に、終止符を打つため――

イントロダクション
手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめぐる物語を描いた、ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』。劇場版アニメ三部作として紡がれる最終ルート[Heaven’s Feel](通称・桜ルート)が、ついに完結する。
アニメーション制作を担当するのは、2014年にTVアニメ版[Unlimited Blade Works]を手掛けたufotable。キャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が第一章、第二章に続いて監督を務める。
2019年に公開された第二章[lost butterfly]は109万人を動員、興行収入は16.7億円を記録。2017年に公開された第一章[presage flower]を上回る成績を収めた。
第三章は「聖杯戦争」の真実と、少年と少女の物語の結末が語られるエピソード。全三章で贈る[Heaven’s feel]がたどり着く場所とは──第三章[spring song]は咲き誇り、奏でられる。

ストーリー
「俺は、桜にとっての正義の味方になるって決めたから」
少年は、真実からもう目を逸らさない。
少女を救うために。自分の選んだ正義を貫くために。
魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が
万能の願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。
その戦いは歪んでいた。
ひとりの少女――間桐 桜は犯した罪と共に、昏い闇に溺れてしまった。
桜を守ると誓った少年・衛宮士郎は遠坂 凛と共闘し、
「聖杯戦争」を終わらせるため、過酷な戦いに身を投じる。
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは闘争の真実を知る者として、
その運命と向き合い、間桐臓硯は桜を利用して己が悲願を叶えようとする。

「だから──歯をくいしばれ、桜」

激しい風に抗い、運命に挑む少年の願いは、少女に届くのか。
終局を迎える「聖杯戦争」──。
最後の戦いが、遂に幕を上げる。

【メインスタッフ】
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之
脚本:桧山彬(ufotable)
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野学
音楽:梶浦由記
主題歌:Aimer
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス

【メインキャスト】
衛宮士郎:杉山紀彰
間桐 桜:下屋則子
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂 凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
ライダー:浅川悠
真アサシン: 稲田徹

公式サイトhttp://www.fate-sn.com/
公式ツイッター:@Fate_SN_Anime

グッズ一覧を見る